2017年01月17日

【ユニフレーム】コーヒーバネット(ドリッパー)

ユニフレーム コーヒーバネット

2017-01-16-16-43-10




アウトドア用のコーヒードリッパーです。
ステンレスの針金をバネ状にしただけのドリッパーです。
バネの中に足の部分を差し込むことにより薄く折りたたむことができます。
それと、針金だけで作られたものなのでとても軽量(46g)です。
そのため、携行にはとっても便利です。

いつも、折りたたんでミロのパーコレータの中にバーナー・豆・ペーパーと共に収納しています。
ナイロンのケースも付属していたようですがなくしてしまいました。
 
2017-01-16-16-42-13

使い方はバネ状の部分にペーパーフィルターをセットして使います。
(ペーパーは円錐形のモノを使いますね。)
確かにこれだけでドリッパーとして使えますが、使うにはちょっと注意が必要です。
なにせ、バネ状の針金なので弱いです。
雑にお湯を注ぐとペーパーが崩れて大惨事になることがあります。
普通のドリッパーと違いペーパーの接地面がほとんどないので抽出スピードが速いのでしょうか?
じっくりとコクのあるコーヒーは抽出しにくいのかもしれません。
でも、アウトドアでのコーヒーはさっぱり目の方が良いのかも知れないので、これでもいいのかも。

おそらく20年位使っていますが故障もなく使えています。
室内での使用はあまりオススメできませんが、アウトドア用としては最適ではないかと思っています。

私のはsierraというモデルで、足が二股になっています。
2017-01-16-16-43-15
 
今販売されているサイズは2種類あるようですが、これらは三股になっていて安定してドリップ
できそうです。

(大)grande:4人用
(小)cute:2人用
 
もう一つ折りたたみ式のアウトドア用のドリッパーも持っていますが、コーヒーバネットの方が
コンパクトだし使いやすいです。


Clip to Evernote
drecom_clif at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コーヒー | 道具

2017年01月16日

【ミロ】パーコレーター

大学に入学した頃、友人の影響でいわゆるアウトドアが好きになりました。
(なんか、アウトドアという言葉自体なんか好きではないのですが分かりやすいので
この言葉を使います。)

山登りやキャンプをするわけではなく、日常的にアウトドアグッズを使って遊ぶことが
楽しかったのだと思います。
『イージーアウトドアクラブ』なんていうサークルも学校に登録したりしたなぁ。

まだ、コールマンなんて一般的ではなくてマニアックなアウトドアショップや登山屋さん
でしか入手できなかった時代。
なんか、アメリカがとてもカッコイイと思い始めた頃なんだと思います。

そんな時にある本で紹介されていたミロ(MIRRO)のパーコレーター。

 2017-01-16-16-41-42

パーコレーターという言葉は聞いたことがあったけど、どんな物か知らなかった。
私だけでなく、日本では全然一般的に知られていいなかったと思います。
(小学生の頃YMOが好きで、ラジオを聞いていたら坂本龍一の「千のナイフ」がかかっていて
その曲を聞いたDJの人が、「パーコレーターを想像した」と言っていた。パーコレーターって
なんだろう?ってずっと思ってたんだ。)

その本には、コーヒー豆をバンタナで包んで石で砕いて使うなんて書かれていてとても
カッコよかった。

やってみたい!

自宅近辺ではパーコレーターなんて売っていない、当時はネット通販なんてないし。
雑誌で見つけたアウトドアショップに行って見たら、見つけました!

そこで、ミロのパーコレーターと固形燃料を購入しました。
 

(ゴトク付でカンタンにお湯が沸かせます)


初めてのアウトドアグッズの購入でした。

しかし、このミロのパコーレーターのデザインはかっこいいですね。
いろいろなサイズがあり、樹脂の把手ではなく針金タイプで焚き火にかけられるような
モデルもありました。(いかにも開拓時代という雰囲気がありますが、このサイズが
一番バランスがとれていてかっこよく思いました。) 
 
2017-01-16-16-42-00
(樹脂製の把手。しかし購入から30年近くきちゃない。)


パーコレーターは200年近く前にフランスで考案され、アメリカの開拓時代に普及したようです。
エスプレッソ用のマキネッタに近い構造をしています。
サイフォンのようなギミックで間欠泉のようにコーヒーを抽出します。

器具の構造は単純で、壊れにくい。
ペーパーやネルのような消耗するフィルターを使わないし、メンテナンスもいらない。
直火でも使えるので、アメリカの開拓時代に流行ったのでしょうね。
なので、アウトドアにも向いています。

で、お味は?

これが美味しくない。
本当に石で砕いた位の粗さの豆でないと、コーヒー全体に微粉が混じります。
抽出度合も吹き出すコーヒーの色を小窓で確認するしかないので味を安定させることが難しい。
また、一度抽出されたコーヒーを再沸騰させ続けることになるので、酸化しやすい。

飲むと粉っぽくて酸っぱい感じがして美味しくない。

当時は『これがアウトドアのコーヒーだ!』なんて言ってましたけどね。

その後、パーコレーターの機能は使わず(失くしてしまった!)ケトルとして使っています。

軽くて丈夫で、入手して30年近くになりますが今でも現役です。

豆・バーナー・ペーパー・ドリッパーをこの中に全て押し込んで、ガスボンベと一緒にいつも
クルマのトランクに入れていました。
水さえ手に入ればどこでもコーヒーが淹れられる!
(実際は缶コーヒー飲んだ方が安くて美味しいかもしれないけど、面倒臭さが楽しさだと思う。)
 
2017-01-16-16-42-13
(こんな風に詰め込んでいます。)

2017-01-16-16-43-00
(パーコレーターの中にこれだけ入っています。)

今ではミロのパーコレーターは入手できない(もう作っていないのかどうかもわかりませんが)ので
大事な道具です。


Clip to Evernote
drecom_clif at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コーヒー | 道具

2017年01月14日

コーヒー好き?

好きなお飲み物はと聞かれれば?
食後のお飲み物は何にいたしましょうかと聞かれれば?

どうしてもコーヒーと答えてしまいますね。

コーヒーとの出会いは中学生の頃なのでしょうか。
我が家では日常的にコーヒーを飲むような家庭ではありませんでした。

時々、なんとなく気まぐれで親がインスタントコーヒーを飲む程度。
その時、自分は『クリープ』に砂糖を入れたなんとも間の抜けた飲み物を
飲んでいました。

インスタントコーヒーはネスレのゴールドブレンドではなく、ネスカフェ。
なんとなく癖のある味。

高校受験の時に勉強と言う名のもとに夜更かしするようになり、そのお供に
コーヒーを飲むようになったのがきっかけだと思います。

高校の頃だったかな、コーヒーを飲む家庭ではなかったのですが何故か自宅には
カリタのドリッパーとサーバー、そしてサイフォンがありました。
入手経路は不明です。

どうもインスタントコーヒーとは違うものらしい。
カリタのペーパーの入っていた箱に、ドリップの方法が書いてあったので淹れてみました。
インスタントコーヒーとはまるで別物の味がしたことを覚えています。
続いてサイフォンです。
テレビなんかでは、コトコトと抽出しているのは見たことがあるのですが、やり方がわかりません。
今と違いインターネットなんかないし、近所の本屋でも参考になるようなものはありませんでした。

しかし、アルコールランプやらフラスコやら理科の実験器具みたいで、どうしてもやってみたい。

まずは燃料入手だ!
どうやって知ったのか、薬局で手に入るらしいということで入手してきました。
アルコールランプに燃料を入れて点火!(カッコイイ!)
でも、これではコーヒーはなんか作れそうにない。
なんか部品が足りないのではと思い、デパートでにサイフォンを見に行きました。

そうすると、漏斗(上玉)に入れるフィルターがないことと、漏斗とフラスコ(下玉)を
繋ぐパッキンがヒビ割れてしまっていることがわかりました。
幸い、そのパーツが売っていて適合するかも分からずに購入したところ無事に装着できました。

さて、なんとなくこういう感じかなと思いながらの作業(本当に理科の実験をしている気分)
でしたがなんとか抽出することができました。

この辺りがコーヒーの原体験でしょうか?

その後、キャンプや野外ではドリップを淹れる作業自体が楽しくて淹れることはありましたが、
自宅では後始末が面倒(コーヒーメーカーでも)ということもありあまり淹れることもありません
でした。

また、ドリップの方法もよく分かっていなくて、さほど美味しくもなく自宅ではインスタント
コーヒーで十分だなぁと思っていました。

最近、ネットの記事やYOUTUBEなどでのドリップ方法を真似てみると、全然味が違うことに気が
つきコーヒーが楽しくなってきました。

自分のコーヒー味の好みの傾向はわかってきたのですが、味の違いなどは正直まだわかっていません。
これからコーヒーの勉強がてら、いろいろとご紹介していきたいと思います。


Clip to Evernote
drecom_clif at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コーヒー