2017年03月09日

【HOナローゲージ】ミニレイアウト山岳線を作る②ベース作り

レイアウトがだいたい決まったので、立体的にセッティングしてみて試走してみました。
ぎこちないですがなんとかこれで走りそうです。
まず、A3サイズ7mm厚のスチレンボードを2枚繋げたものの上の線路を敷きます。



勾配を作るためにスチレンボードを細かく切って並べてみました。





勾配が決まったらスチレンボードを木工ボンドで固定していきます。



崖の感じが出るかなと思い、スチレンボードをギザギザに刻んでみます。



正面の坂道は山(崖?)のままだと、山の向こう側があまり見えないのと重苦しい感じがするので橋脚を立てて、向こう側が見えるようにしました。






レールを敷く面には3mm厚のスチレンボードを敷いてみました。
勾配と勾配の間の谷間には川を掘る予定です。








ベースとなる7mm厚のスチレンボードを2段重ねにし、その間にダイソーで購入したスチロールボードを入れて3段重ねにしました。
一段目のスチレンボードと二段目のスチロールボードに切り込みを入れて峡谷を作ります。





立体交差のトンネル入口部にトンネルポータルでレンガのトンネルの雰囲気にしようと思います。
津川洋行のレンガタイプのトンネルポータルを使いました。
Nゲージサイズなのでレンガのスケール感がおかしくなりますが良しとします。
ちょっと綺麗な形すぎるのでナイフで傷をつけておきました。









坂道の山がスチレンボードのままでは感じがでないので、ダイソーで購入した「ふわっと軽いねんど白」という紙粘土をくっつけてみました。

この粘土はとても軽くて手にもつきにくく作業しやすいですね。
乾燥したあともボロボロとせずになかなか良いです。



レールをスパイク固定します。




次に山肌を表現するためにTOMIXのシーナリープラスターを塗布していきます。
シーナリープラスターは木工用ボンドを水で溶いたもので混ぜます。
かなり濃いめのボンド水で混ぜた方が乾燥後にシーナリープラスターが崩れなくて良いみたいです。


 


渓谷部分は崖の岩肌を意識して塗布していきます。




これでレイアウトのベース部分が完成です。
次回から細かい部分を作っていきます。 


Clip to Evernote
drecom_clif at 23:17│Comments(0)TrackBack(0)鉄道模型 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字