ガジェット

2015年10月01日

電子ブロックが出てきた!

自分が子供の頃(1980年前後)に流行っていたおもちゃがいくつかある。

ラジコンは今でいうトイラジ。
今のトイラジとは比べ物にならないくらいチープで、ボタンを押した時だけ右に曲がるとか、ボタンを押した時だけバックしバックの時だけ左折する、結果的に方向転換できるという何が楽しいか良くわからないモノ。
2chのラジコンなんて高嶺の花だった。
タミヤなどのホビーラジコンもあったがとても高価で3万円くらい必要だった気がする。 

空気銃。
エアガンではなく空気銃と言っていた。
マスダヤのBSシリーズデタッチャブルとか。 

 スロットカー。
トミーマグナックス等の自宅で走らせることができるスロットカー。

その他には、人生ゲーム等のボードゲームや野球盤、鉄道模型(Nゲージ)とかかな。
当然プラモデルなんかもだけど。

当時はネットや雑誌(恐らく)等もなく、テレビCMなどもあまりなかったのでおもちゃの選択肢は地元のおもちゃ屋の店頭に並ぶものだけになる。

高価なおもちゃはガラスショウケースの中に陳列されていた。
そのショウケースの中でも特に高価だったのが電子ブロックだった記憶がある。

電子ブロックとは電子部品や配線が組み込まれたブロックを並べることで電子回路を組んで実験ができるおもちゃ。
当時親戚のおにいちゃんとかがハンダコテを使って鉱石ラジオなんか作っていてカッコよく見えたので、こういう工作物は高学年のおもちゃだったのかもしれない。

電子ブロックの筐体はミリタリーテイストのあるラジカセのような風貌もかっこよかった。
(ソニーのラテカセ"ジャッカル"なんかも似ていた。)

ハンダコテなんていう難易度の高いものを使わずにラジオやうそ発見器、お風呂ブザーなんかが作れてしまうなんてなんて凄いものなんだ!是非欲しいと思っていたがめちゃくちゃ高価。
最高峰のEX-150は13,000円という子供にとっては天文学的な数字の値段がつけられていた。
(昭和50年頃なので今とは当然貨幣価値も違う)
おもちゃ屋にはあったが、まわりの友達も持っている子はいなかった。

当然ファミコンの波に襲われ製造終了となっていたが、時を隔てて2002年にEX-150の復刻版が発売された。
再発されてすぐには買わなかったが数年たって(2008年頃かな)"EX-150"と"拡張キット光実験60"と"学研電子ブロックのひみつ(ガイドブック)"がセットになった限定スペシャルパックというものを購入した。
その後2011年に"電子ブロックmini"も購入していた。

しかし購入したものの、ちょっと触っただけでキレイにしまってあった。
その電子ブロックたちが荷物から見つかった。

003

まずはEX-150、48の差し込み口があり46個のブロックで150種類の実験ができる上位機種(シンセサイザーユニットの入ったEX-181という最上位機種もあった)
このモスグリーンとブラックの筐体がかっこいい。
ブロックのラベルはシルバー。
 
 010

続いて"拡張キット光実験60"、復刻版が出たときに発売されたもの。
30の差し込み口と28個のブロックで光に関する実験を中心に60種類の実験ができます。
光ファイバー通信実験などが可能。
ブロックのラベルはゴールド。

009

最後は"電子ブロックmini"、25の差し込み口と25個のブロックで50種類の実験ができます。
ブロックのラベルはホワイト。

008

数年ぶりに開けてみて通電したら問題なく動いた。

実はiPadのアプリにも電子ブロックがある。
アプリの方が接触不良もないし、どこでもできるし、邪魔にならない。
回路図通りに組み上げれば、当然その通りの動きをする。

でも、なんか違う。
なんか、画面上だけではなんか信用できない。
リアル電子ブロックはブロックの裏側を覗き込めば、実際のパーツがある。
これらを本当につなぎ合わせることによって、回路が動くことが理解に繋がる。
バーチャルに慣れ親しんだ今の子供たちはどちらの方がリアリティを感じるのだろうか?

最近は似たような商品でLittleBitsなんていうのもある。これも楽しそうだ。

久しぶりに電子回路を勉強してみよう。

006



Clip to Evernote
drecom_clif at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月05日

FOSTEXかんすぴ(スピーカー)②

前回の記事で、音質はそれなりみたいなことを書きました。

音源のiPhoneとの接続はBluetooth経由で行っていましたが
もしかしてと思い、有線(ステレオミニプラグ)接続に変えてみたところ
ガラッと音が良くなりました。

かんすぴさん、申し訳ありませんでした。

まだまだ、気になる点はありますが良くなりました。

有線接続すると、コントロールが面倒になるので、コントロールを
Bluetooth接続にすることにしました。

Bluetooth接続マルチメディアリモコン iRemote Shutter(アイリモート シャッター)(CIA-BTMR) 

image


このリモコンで、曲の頭出し/巻き戻し、再生/停止、音量がコントロールができるようになりました。

なかなか快適です。 

Clip to Evernote
drecom_clif at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月25日

FOSTEXかんすぴ(スピーカー)①

自宅療養中のため部屋で一日中音楽を鳴らしていることが多い。

少しでも良い音で聴きたくなってくる。
荷物を引っ掻き回せばオーディオセットが出てくるはずだが、今の状況(体や部屋ね)ではそれも難しい。

現在はPCにBOSEのCompanion2 を使っている。
BOSEの音は好きだし、SoundLink MiniSoundTouch も考えたんだけどちょっとつまらない。

ま、手先のリハビリも兼ねて(こう言えば何でも許されると思ってる(^^;;)、スピーカーの自作キットを買ってみた。

Fostexのかんすぴセット
シリーズにはスピーカーユニット(エンクロージャーも変わる)のサイズにより3種類のモデルがありますが
一番大きい10cmのセットにしました。(理由は単純に低音がでそうだったから。)

014

スピーカーユニットとエンクロージャー(箱)とコード、アンプ(5w+5w)のセットでスピーカーは自分で組み上げるというもの。

Fostexはオーディオに興味を持ち始めた中学生の頃から、自作スピーカーならFostexのフルレンジと思っていた。

セットの内容は
・P1000K 10cmフルレンジユニット× 2台
・P1000-E スピーカーボックス× 2台
・AP05 パーソナル・アンプ×1台
・高級スピーカーケーブル (約1.5m)*×1セット

 020
自作キットとはいえ、とてもかんたん。
入っていた空き箱を処分するほうが大変なくらい。

作業はスピーカーユニットをエンクロージャーの内部配線をつないで、ネジどめするだけ。

まず、ネジ位置をマークして、ドリルで呼び穴を開けます。

頑張れば、ドライバーだけでビスを打ち込めそうですが、バッフルボードにヒビが入ったり
ネジを舐めてしまう可能性もあるので、ドリルを使ったほうが安全。

ドリルといっても、電動ドライバーに3mmのドリルピットをつけて開けただけです。

021

穴があいたら、穴の周辺に盛り上がってしまった部分をカッターで削いでおいたほうが
エンクロージャーとユニットの密接具合がよろしいようです。

次に、エンクロージャーに既に装着されている内部配線とユニットを繋ぎます。
とくに必要な工具もなく差し込むだけです。

この配線、ちょっと細いようなのでそのうち換装してみましょう。

023

ユニットの四隅をネジ止めすれば完成です。
ネジ止めする順番は対角線の順番で、1つづつのネジを完全に締め込んでしまわないように。
ネジ穴を自分で開けているため、多少の誤差があるので軽く4本をネジこんで、位置が合っている
ことを確認できてから4本全てを締め込みます。

024

これを2本分行えば完成です。

025

このセットには、Fostex AP-05という5W+5Wのステレオアンプがついています。
これにスマホでもあれば、立派なオーディオシステムになります。

せっかくのシステムなので、ワイヤレスでコントロールできるようにしようということで
PRINCETON Bluetoothミュージックレシーバーというのも導入しました。
これで選曲も音量コントロールもiPhoneで行えるようになります。

 
Fostex AP-05は無音状態15分でスタンバイモードになるので、iPhoneだけいじればいいです。

さて、肝心の音質です。 

まだ角がとれていないのかわかりませんが、キレイな音なんですが低音がやはり物足りないのと
なんとなくバランスが悪い感じがします。
エージングが進むうちに、まとまった音になることを期待します。

ユニットやアンプをグレードアップしていくという選択肢があるので、はまらない程度に楽しんでいこうと
思います。 

Clip to Evernote
drecom_clif at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月28日

iPhone 4Sケース

いままで、iPhoneのケース(カバー)は
SoftBank SELECTION フリップスタイルレザーホルダー for iPhone 4(ブラック)
というのを使っていたんだけど、なんか違うのを使ってみたくなって
新しいのを買ってみた。

ケースなんてものをつけると、iPhone本来のサイズや重量を感じることが
できないし、せっかくアップルがデザインした形を崩すことになってしまうのは
わかるんだけど、やっぱりケース付けた方がキズがつきずらいのでどうしても
ケースをつけてしまう。

3GS時代からそうなんだけど、液晶面を覆うフリップスタイルのケースが
いいと思っていて(更にサイズが変わってしまうけど)、更にパスモをケース内に
入れて偽お財布携帯にしたいので、フリップスタイルレザーホルダーを
使っていた。

これは、質感もよくてお気に入りなんだけど、フリップはどうしても邪魔になる
場合がある。車載フォルダーに入れるときとか。今回は、防水パックに入れて
使いたいと思っていて、そうなるとフリップはどうしても邪魔。

何がいいのかなと、お店をグルグルみてまわったけど、本当にたくさんの種類がある。
形で分けると、フリップ、背面を覆うもの、よくわからないネタものなのかな。
材質だと、シリコン、ポリカ系、ゴム系、金属系、皮革系なのかな。
色で言うと、材質依存、着色、印刷(キャラクター物含む)とかになるのかな。
だいたいだけどね。

で、今回はフリップものはやめる、やっぱ質感は大事(安っぽいのはちょっと)
シリコン系はホコリが面倒なのでパス、パスモが収納できるで探した。

買ってきたのがこちら
002

SoftBank SELECTION プレイケース for iPhone 4S/4(ホワイト)
また、SoftBank SELECTION。
形がちょっとおもしろかったのと、質感、ストラップホールがあって丈夫そう
ということで選びました。

IMG_2626

なんとなく、スターウォーズのストーム・トルーパーみたいな感じ。(違う?)

ついでに、HAND LINKERというストラップと、背面保護フィルムも買った。
このHAND LINKERというストラップ、ネックストラップからワンタッチで
リング型のストラップに外すことができるもの。
リング型ストラップは、3GSの頃から使っているストラップと同じものだった。

夏になると薄着になって、iPhoneを服に収納することが難しくなるし
釣りの時には落とす心配があるのでネックストラップはありがたい。

今のところ気に入っているが、平日もこのカタチで使っていくかな?
休日モードかな?
ま、しばらく使ってみよう。


Clip to Evernote
drecom_clif at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月23日

DRiPRO WaterProof Case for iPad

DRiPRO WaterProof Case for iPad

iPadの防水ケース。

「お風呂やキッチン、海、アウトドアでも安心してiPadが使える」だそうです。

まずは、箱から。

IPADCASE1

10m防水。IPX8等級取得。
IPXってなんだ?
説明文には、IPXとは断続的に水没しても内部に浸水することがない性能とのこと。
何に使っている基準なんだろうね?

(裏)
ipadcase2

あけてみました。
素材はビニールのようなもの。
見た目は結構安っぽい。

ipadcase3

ファスナーは三重構造。
最後にベロクロでフタをするような感じ。
これは、水が入ってこないでしょう。
でも、この透明なビニールって破けないのかな。

ipadcase4

さて、iPadを入れてみました。
結構ピッタリめ。
ケースの中に入れても、画面操作は何も問題ない。
この写真では見えないけど、裏にはカメラの穴も開いてます。

ipadcase5

買った目的は、お風呂でiPadを使いたいから。
ビデオみたり、DTMやったりすることが目的です。

SEG CLIP mobile(GV-SC500/AI)を使えば、テレビも見れる。
iPadとSEG CLIP mobileはWI-FIでつながるので、ワンセグが入らない
お風呂の中でもテレビが見れる。


Clip to Evernote
drecom_clif at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)