PEUGEOT Pacific18

2011年10月01日

江戸川ポタリング(iH-100 フォングリップ)

久しぶりの休日。
雲は多いけど、雨は降りそうにないのでポタリング。

せっかくなので、以前に買ってあったミノウラのフォングリップをつけて出かけることに。
iPhoneを自転車のハンドルに付けることができるパーツです。
ハンドルへの取り付けは工具なしで取り付けることができるし、iPhoneの装着も簡単だしがっちりしている。

IMG_1408

アプリケーションはBike Mete GPSを起動させて走りだした。
まずは、江戸川河川敷のサイクリングロードを川上に向けてスタート。
風もなく走りやすい。
最初は、「寅さん博物館」でちょっと休憩。
何度か入ったことがあるので、今日は入館せず。

次に柴又帝釈天に。
帝釈天では猿回しがきていた。
ここの帝釈天題経寺は説話彫刻というのがあってすごい。
拝観料を払って中に入ったらよく見えるけど、外からでも硝子越しに十分堪能できます。
参道で昼食。"やぶ忠"で「天せいろ」を頼んだら、これがめっちゃくちゃおいしかった。

再度、サイクリングロードに戻って水元公園に行った。
ほんと、久しぶりに行った。自転車で行ったのは初めてかな。
自転車で回ってみると、その広さがよくわかる。
しばし休憩。人は少なかった。
とっても気持ちよかった。

011


みんな、釣りをしてたけど何が釣れるのだろう。
今度行ってみようかな。
で園内を走っていたら、小さな橋がありその段差を越えたとき!
ガチャガチャ??
iPhoneが落っこちた!!
あわてて拾い上げてみたら、キズはなし。
動作も問題ない。
しかし、よくみてみるとケースがボロボロ。

016


やっぱりケースは大事だね。

さて、サイクリングロードに戻ろうと思いiPhoneで道を検索しようとしたら
「バッテリー残量がありません」の表示。
そうだよね、GPS使いまくってたらバッテリーなくなるよね。
よくわかんない道は自転車の場合無駄な道は極力走りたくないのでGPSって大事。

川の反対側に渡り、コールマンアウトレットショップに寄ってみる。
この店も以前あった場所の時は、本当のアウトレット品が多くあって楽しかったんだけどね。
タープとか気になったけど、自転車なのでやめました。

そこから一気に自宅まで休まずに走った。
約2時間ちょっとの走行で、37Kmほどのポタリング。
季節も良くて楽しく走れました。



Clip to Evernote
drecom_clif at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月12日

パンク修理

釣りに行こうとしたら、パンクしてた。

006


パンクの場合、いつも修理はせずにチューブ交換している。
それほど高いものでもないし、チューブの劣化もあるだろうということで。

というわけで、チューブ交換によるパンク修理を行った。

まずは自転車からホイールをはずし、タイヤレバーでタイヤを外す。

チューブを見てみたら、やっぱり劣化のようでチューブが裂けていた。

007


せっかく、タイヤを外したのでホイールのフレを見てみる。
ちょっと、振れているけどまぁいいでしょう。
自分でイジルとおかしくなるし。(そのうち、お店で見てもらいましょう)

ブレーキのアタリも見てみる。
なんか、変なのでシューを調整してみる。
しかし、このシューでかすぎねぇか?
小径ホイールには合ってないのか?
ま、いいか。(こんなイイカゲンでいいのか?)

チューブは、買ってあった(いつ買ったんだろう?これも劣化してないか?)
パナレーサーのレギュラーチューブ18×1.5~1.75(仏式)。

今回パンクしたシュワルベのチューブはなんか良くなかった。
サイズが合っていなかったのかな?(タイヤへの納まりが悪かった。)

パナレーサーのチューブは納まりがいい。

タイヤをはめ込む時に、ビードワックスを塗ってみた。
そうすると、タイヤのはめ込みがとっても楽だった。
(もっているのだから、いつも使えばよかった。)

リアディレーラーの調子もよくなかったので、簡単に調整。
それと、折りたたみ時のチェーンテンショナーも新品をつけた。

011


そして、フィッシュボーンの調整。
壊れていないんだけど、フィッシュボーンが効かなく、方向転換のときには
足払いをしていた。
フィッシュボーン自体の調整ではなく、フィッシュボーンにかかるボルトの
突出量に問題があったみたい。

008


よく、BD-1の諸先輩が言う、フィッシュボーンのセロハンテープ止めの
何がいけないのか、わかんないんだよな。(何に影響があるんだろう)

上記の調整とタイヤ空気圧を調整して、試走。
ん?軽い。

やっぱり、調整は大事。
見違えるように乗りやすくなった。(気がする)

Clip to Evernote
drecom_clif at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月02日

ディレイラー交換(9速化)②

前回、スプロケットが合わなかったので作業中断。
ディオーレグレードのスプロケットを買ってきた。

IMG_1035 のコピー

11-32Tと11-34Tがあったのだけど、11-34Tを購入。
前回は小さいスプロケが欲しくてカプレオにしたのに、今回は
大きな34Tを選んでしまった。なんでだろう?数が大きい方が
エライと思っちゃったのかな?まぁいいか。

キレイだねぇ。
精密機器だねぇ。
IMG_1040 のコピー

ハブのベアリングをグリスアップ。
シリコングリスというのを塗ったくってみた。
シリコングリスってどうなんだろう?耐久性とか?
デュラグリスとかの方がよかったのか?
しかし、こんなのばらしてしまってだいじょうぶだったのかな?
IMG_1039 のコピー

ハーイ!
今度は無事に装着できました。
美しい!
なんか、軽量化のためじゃ肉抜きしてあんのね。
気を使ってくれなくてもいいのに。
IMG_1043 のコピー

いっきに飛ぶけどリアディレーラーの装着完了。
問題なくつきました。

次はシフターの交換。
今まで使っていたのはシマノのよくわからないシフター。
純正はグリップシフトだった。
グリップシフトってどうしても好きになれなかったので、本体購入当時に
オークションで落札したレバーに自分で交換したんだと思う。
これも剛性感がなくフニャフニャしている。

IMG_1015 のコピー

あ、新しいシフターの写真がない。
シフターもディオーレSL-M590初めにした。
ディレーラがカプレオなので、シフターもカプレオにしようと思ったんだけど
色の問題で、ディオーレにした。デザインもディオーレの方が好き。

初めロー側の調整がうまくいかなかったけど無事調整完了。
問題なくシフトできます。
(フロントシングルって調整が楽でいいね)
でも、この写真を見るとアウターケーブルが長い?
IMG_1044 のコピー

途中省いてますが、当然チェーンも交換してます。
交換前のチェーンはドロと油ですごかった。
パーツクリナーでも全然キレイならなかった。

新しいチェーンは
CN-7701 for 9-speed 114コマ
TXRグレードだね。そんなに値段の差がないのでね。
色がシルバーなんだね。
今度は定期的にメンテナンスしてキレイに使わないとね。

IMG_0991 のコピー

乗ってみた感想。
9速にした感動といのは、今んとこない。(これからもないと思う)
シフトもスパスパ入ってくので気持ちいい。
チェーンラインが新しくなったので、ペダルが軽くなった気がする。
交換してよかった。
でも、34Tは失敗だったかも。
シフトレバーも以前のフニャフニャ感がなくていい。
自分の乗り方だとブレーキよりもシフトの方が操作頻度が多い
気がするので、なかなかいい感じに。

これでステアリング周りはシャキっとしてきた。


Clip to Evernote
drecom_clif at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日

ブレーキ交換

今度はブレーキ類を交換します。
そんなに、スピードを出すわけではないし山を下るわけでもないので
今のブレーキでも十分なんだけど、もうちょっとかっちり感は欲しかったので
交換します。シマノのディオーレにしました。

標準でついていたブレーキレバーは”PROMAX”のVブレーキ。
って、PROMAXってなんだろう?どこのメーカーかわからん。
けど、ちょっと安っぽく見えてしまう。
問題はないけど、ちょっと貧弱な感じ。

IMG_0970 のコピー


ブレーキ自体は、シマノのVブレーキ。
グレードは何なんだろう?
そんな貧弱な感じはしないけどね。

IMG_0974 のコピー

ディオーレにしたのは、当然値段とブラックがあったため。
そんだけ。
でも、最初に買ったMTB(アラヤマディフォックス)についていたのが
ディオーレⅡだった。次に買ったマングースにもディオーレがついてたので
なんか馴染みというか名称に愛着があるためかな。

ブレーキレバーをつけてみた。
色がブラックなので統一感があっていいね。

IMG_0989 のコピー

ブレーキ自体は、いままでついていたのとそんなに変わらないような感じ。
でも、もっとしっかりしている感じはするかな。
シューは明らかによさそう。
でも、シューが大きすぎる気がする。
あたってないから、まぁいいか。
IMG_0975 のコピー

乗ってみた感じは、やっぱり今までのよりブレーキを引いた時に
カッチリ(?)というか剛性感は感じる。
でも、制動力が強烈になったという感じはない。(なっても困るけど)
ガッツと効くというより、しっかり効いているような印象。
安心感が増えたということでよし!


Clip to Evernote
drecom_clif at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月17日

ステアリングまわり

ステアリングまわりのメンテナンスを始めます。

通勤に使っていたので、前傾姿勢は危ないのと疲れるのでポジション変更のため
ハンドルポジションチェンジャーというものをつけていました。
これで、ハンドルの位置を上げて、手前に持ってきています。
また、ケガをして見上げるような体勢は首に負担をかけるのでしないように!と
指示が出ているので、このパーツは重要です。

しかし、汚い!
ボルトも1個ないし。
IMG_0966 のコピー

シリコンスプレーできれいにして、ボルトも新しいの交換しました。
ボルトを交換するだけで、ずいぶんリフレッシュできる。
しかし、シリコンスプレーは用途が広くて便利。
潤滑剤にもなるけど、保護・ツヤ出しにもつかえる。
ゴム・プラスチックにも影響を与えない。
べたつかないので、ホコリもつかない。

POSI_CHAN

次に、ステムに取り付けてあるもの。

前にカゴやカバンをつけるために、RIXEN&KAULKLIFKfixフロントアタッチメントK810をつけている。
普通は、ハンドルに直接つけるんだけど、ハンドルの位置だと高すぎて不安定になる。
(小径車でステアリングの不安定は致命的)
そこで、タイオガのフロント バック ホルダーをステムにつけて、擬似的なハンドルを低い位置に作って
そこにフロントアタッチメントをつけいる。
こうすることにより、安定感を増し、スタイリング的にもよくなっている。
IMG_0963 のコピーSTEM

もうひとつは、RIXEN&KAULのミニアダプターのボトルクリックをつけている。
ボトルホルダー用のダボ穴がないため、これでボトルを取り付けている。
折りたたみ時もホルダーが取り外せるのでよい。

これらもすべて取り外しパーツクリーナーで清掃。
(結構ホコリが詰まっているし、プラスチックパーツの劣化も始まっている。)
そして、シリコンスプレーでつや出しを行った。
こういうところをキレイにしていくと、全体的なくたびれ感が薄れていく。
コマメなメンテは大事だな。
FLEX_NEW

シャッキ!っとしてきた。
IMG_0981 のコピー






Clip to Evernote
drecom_clif at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)