ウィスキー

2015年10月12日

サントリーシングルモルトウィスキー白州の棚卸し


体質的なのかアルコールには弱い。
お酒は好きなんだけど、ほんとに一口で酔っちゃう。
ただ酔うだけならいいんだけど、頭が痛くなって気持ち悪くなっちゃう。

お酒が好きな人には目的が2種類あるのかなと思う。
1つは酔うことを目的にしている人。
もう1つは味が好きな人。

自分は醉う感覚が大嫌い。
味がするのであればアルコールが入っていない方がいいと思っている。

そんなお酒で好きなのがウィスキー。
子供の頃、応接間にあったウィスキーの瓶の蓋を開けて匂いを嗅ぐのが好きだった。
なんといういい匂いなんだろうと小学生の頃思っていた。

社会人になりたての頃、毎晩先輩たちに飲みに連れて行ってもらい、1軒目のビールで気持ち悪くなるんだけど、2軒目のカラオケスナックで飲むサントリーローヤルの薄い水割りが美味しく、酔いが覚めるような感覚が心地よかった。

その後、ウィスキーの勉強をしたんだけど深くてよくわからず、どんな味が好みなのかもよくわからないでいた。
そんななか、頻繁に出かけていた会社の保養所の近くにサントリーの白州蒸留所があり工場見学によく出かけた。
そうすると親近感も出る、普段飲みに行って"白州"があれば頼んでしまう。
そして、白州の味が好きになっていった。

何度も工場見学に行き、工場内の直販所でお土産を買っているうちに結構集まった。
食器棚に白州だけ押し込んであったので、棚卸しをしてみた。

 IMG_4899

棚にあったものを出して並べてみるとこんな感じ。
ボトル数13本、総量3,780mlもあった。

IMG_4866

ちょっと紹介していこうと思う。

■白州
 43度700ml ノンビンテージと言われている現在も販売しているスタンダードな白州
078
080

■白州
 43度 180ml
IMG_4875

■白州10年
 40度 350ml 終売になってしまい現在は入手できない。
 IMG_4880
074

■白州10年・12年
 10年 40度 180ml ・ 12年 43度 180ml
 飲み比べベビーボトルセット
IMG_4889

■白州12年
 43度 700ml

IMG_4883
077

■白州12年
 43度 50ml ショットグラス付ミニチュアボトル
IMG_4892

■白州シェリーカスク2012限定品
 48度 180ml
 ベビーボトルはカタログに載っていない、蒸留所限定発売品
IMG_4871
069

■白州ヘービーリーピーテッド2013限定品
 48度 180ml
 ベビーボトルはカタログに載っていない、蒸留所限定発売品
IMG_4873 (1)
070

■白州蒸留所
 43度 300ml
 蒸留所の直販所でしか販売していないもの。
 シリアル№が振られているけど、意味はわからない。
IMG_4867


■白州ロックグラウス
 工場見学時にHPにあるプレゼント券を持っていくと貰えたもの。

IMG_4895

■白州タンブラー

IMG_4896

■山崎
 43度 180ml ノンビンテージ
062

見ての通り飲んでいない。これじゃ、ただのコレクター。
飲み物なんだから飲むべきなんだけど、まだ飲んでいない。

限定品や終売品もあるので、もう手に入らないものもある。
ドラマのマッサン効果なのか、最近はウィスキーは人気があり国産ウィスキーの原酒不足になり値上げも起こっている。
オークションをみてみると、フルボトルではあるがシェリーカスクは定価の10倍、ヘビーリーピーテッドは4倍の値がついている。
開栓済のボトルでも定価の何倍もする。
とても高価なウィスキーになってしまった。

当然、オークションに出す気なんてない。
でも、まだしっかりと味を見極める舌も鼻ももっていない。
まだまだこれからトレーニングして、飲み分けられるようになってから飲んでみたい。
幸いウィスキーは丁寧に保管すれば長期保存できる酒なのでありがたい。

でもいつになることやら。



Clip to Evernote
drecom_clif at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)