工作

2016年12月24日

床屋さんの模型を作る⑥~小物~

さてさて、模型に飾る小間物をつくっていきます。

まずは床屋さんに欠かせないもの「サインポール」です。
赤・青・白のストライプがくるくるしているやつですね。
作るものは動きも光もしません。

赤・青・白のストライプを普通紙に印刷します。
それを丸めて、5mmのプラパイプに押し込みます。




2016-12-21-14-50-12

適当な長さに切り、アルミテープを巻きます。

2016-12-21-15-00-59

敷地内に穴を開けて差し込めば完成です。
ちょっとアルミテープがステンレス感を出してしまっていて全体の
雰囲気から外れている気もしますがOKとします。

 2016-12-23-20-36-25

次は立て看板です。
店先に出している黒板をイメージしています。

1mmのプラ棒を切り出し、接着して骨組みを作ります。
幅1.5cm×高さ3.0cmくらいの小さなものです。

黒板となる部分はケント紙に印刷しました。




2016-12-22-13-50-45

骨組みを茶色のアクリル絵の具で着色します。

2016-12-22-14-23-57

黒板と骨組みを接着すれば完成です。

2016-12-22-14-25-24

次はベンチを作ります。
またもや1mmのプラ棒でフレームを切り出します。
座面や背面はケント紙です。
これも、幅2.0cm×高さ1.5cmという小ささです。



2016-12-22-10-15-03
2016-12-22-10-15-18
2016-12-22-10-15-25

これを赤のアクリル絵の具で着色しました。
このあとウェザリングマスターでちょっとペンキが禿げたような
雰囲気を出しました。

 2016-12-22-10-39-48

2016-12-23-20-36-18

最後は自転車です。
この床屋さんは自転車が好きなのでなんとか自転車を飾りたいと思って
探したのですがあまりない。
鉄道模型用のものがたまにあるのですが、とてもお高い。
1台2,000円くらいしちゃうんです。
なんとかならないかなと、で、つくってみることにしました。

手元に0.5mmに真鍮棒があったので、これでつくってみます。



2016-12-23-14-11-24

まずは車輪部分。
ペンに巻きつけて丸くしてみました。
これがうまくいけばできたも同然!
思ってた以上に丸くなりました。

2016-12-23-09-40-35

次にフレームとなる部分を曲げていきます。
前三角はありますが、後三角がありません。
これでは実際には走りませんがいいでしょう。

2016-12-23-14-10-39

写真では上下逆ですが、フロントフォークも作りましたよ。

2016-12-23-14-25-41

これを接着して着色したらどうでしょう。
自転車に見えませんかね?
うーん、こうみると後三角というかBBからハブにかけて部分が欲しい
あとサドルもどうしよう?
このままでいいか。


2016-12-23-21-53-07
2016-12-23-21-52-33


こんな感じで小間物完成です。



Clip to Evernote
drecom_clif at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

床屋さんの模型を作る⑤~電飾~

電飾です。

建物の中の照明と外灯を作ります。

まずはスイッチを取り付けるためにケースベースに穴を開けます。

2016-12-21-11-29-25

トグルスイッチを取り付けます。
写真では上下に動くように取り付けていますが、ケースの形状から
左右に動くようにしたほうが操作しやすいということがわかりました。



2016-12-21-11-34-24

室内灯はLED2灯使います。
色はウォームホワイト(電灯色)です。
LEDの1つはキャンドルLEDというもので、ロウソクのように光が強くなったり
弱くなったりして揺らいでいるような灯りになります。
この2つのLEDを基板にハンダ付けしました。





2016-12-21-16-34-52

次に外灯を作ります。
LEDはチップLEDという小さなLEDを使います。
チップLEDはリード線が既に着いているものを購入した方がいいです。
シート売りしているチップLEDは安くていいのですが、リード線を
ハンダ付けする作業がめちゃくちゃ大変です。
このチップLEDを竹串に巻きつけアクリル絵の具で着色しました。



2016-12-21-16-35-32

笠の部分はアルミシールを丸く切って貼り付けました。
取れないように木工用ボンドで固着させます。

2016-12-21-16-35-42

ケースの裏側に電池ボックスを取り付けました。
単三乾電池2本にしてみました。
ちょっと見た目汚いですが、配線がとっちらからないようにテープで
止めてあります。



image

最後に室内、建物の内部にアルミシールを貼りました。
100円ショップに売っていたキッチン用のアルミシールです。

まんべんなく明るくなるのと明かりが壁を透けて光ってしまわないように
するためです。

image


スイッチを入れてみるとこんな感じ。

2016-12-22-20-06-22

外灯は駐車場の奥に設置しました。

2016-12-22-20-06-29

ちゃんと看板も電気が点いているような感じになりました。

2016-12-22-20-06-35
 
 

Clip to Evernote
drecom_clif at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

床屋さんの模型を作る④~自動車~

駐車場に停めるクルマです。
2台停めます。
さすがにクルマは作れないのでミニカーを使います。

完成品を引き取ってもらうためには引き取ってもらう人に
媚を売らなければなりません。
そのため、床屋さんの好きな車種を選びます。

1台は実際に最近ご購入されたホンダのフィット。
黄色という珍しい色なのですが、トミカにありました。
限定品らしく現在入手が難しいかと思ったらオークションで
無難なお値段で落札することができました。
このフィットは手を入れずにそのまま使いたいと思います。

2016-12-23-21-03-12




もう一台は以前から欲しいと言っていたルノーのカングー。
これもオークションで見つかりました。
ミニカー自体は外国製のようですが、日本郵便仕様でした。
中古品で傷もあったのですが、塗り直してしまうので関係
ありません。

2016-12-13-22-35-05

このミニカーをばらしていきます。
裏側の金属部分をドリルでちょっと捻ったら分解できました。 

2016-12-18-11-52-16

メタルプライマーをちょっと吹いてから、白いサーフェーサーを吹きました。
その上に更にホワイトのスプレーで着色しました。





2016-12-18-12-17-20

カーゴスペースのパネルの部分をマスキングしてからブルーで着色しました。
色は白+グレー+スカイブルー+ブルーで適当に調合しました。

2016-12-20-10-35-04

マスキングテープをはがし、水転写シールで作った看板を転写します。
はさみマークもドアとボンネットに貼り付けます。




2016-12-20-13-46-33

最後につや消しクリアーを吹いて完成。

2016-12-20-14-10-16
2016-12-20-14-05-59
2016-12-23-21-03-25

 この2台を駐車場に停めます。

 2016-12-23-21-03-48


Clip to Evernote
drecom_clif at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

床屋さんの模型を作る③~ベース作り~

次はベース作りですね。
ケースの土台に合わせて、スチレンボードを切り出しました。

2016-12-18-09-51-58



敷地と道路の土留として石垣を作ります。
3mmの角棒をナイフで彫り込んでいきます。

2016-12-18-10-27-40

土台の全体像はこんな感じ。
スチレンボードを重ねて貼り合わせ、土留石垣も貼り付けました。

2016-12-18-10-50-38

さて、土木工事です。
TOMIXのシーナリーブラスターを水で溶きます。
普通の水だと乾燥後にボロボロとしてくるので、木工用ボンドを水で溶いた
ものを使いました。



全体的に塗りたくっておきます。

2016-12-18-16-56-05

シーナリーブラスターが乾いたら着色します。
アクリル絵の具をボンド水溶液で薄めたものを塗ります。
敷地部分は茶色、駐車場・道路部分は黒色の絵の具を使いました。

2016-12-19-10-26-23

上の写真と見分けがつきにくいかもしれませんが、敷地部分にパウダーを
撒いてます。
まずは黄土色のパウダーを撒きました。





 2016-12-19-17-06-46

敷地の周りに柵を建てたいと思うので柵を作ります。
1mmのプラ角棒を切って接着します。
テキトーに長さがチグハグだったり傾いていいた方がいいかもしれません。

2016-12-18-11-42-13

黄土色のパウダーの上に緑色のパウダーを撒いて芝生のようにしました。
合わせて、上で作った柵を建てて白のアクリル絵の具で着色しました。
なんか、お好み焼きに青のり撒いたみたい。




2016-12-23-20-35-57

土留石垣と玄関アプローチはグレーのアクリル絵の具で着色して
タミヤのウェザリングマスターでちょっと汚してみました。




2016-12-23-20-36-10

さて、ケースのベースですがいかにも薄手のプラスチックという感じで安っぽい。

2016-12-21-13-08-53

なにか色を塗ろうと思ったんだけど面倒くさいし、失敗しそうな感じも
したのでつや消しクリアーのスプレーを吹いてみたら結構落ち着いた感じ
になった。

2016-12-23-20-37-11

ベースは大体こんな感じで完成。





Clip to Evernote
drecom_clif at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

床屋さんの模型を作る②~建物作り~

建物を作っていきます。

簡単にWordを使って図面(?)を書いていきます。
Wordの図形はサイズをcmで指定して描けるので、カンタンに作れます。

名称未設定-2

こんな感じで展開図を書きました。
これをケント紙に印刷します。
この他に、屋根の部材や
名称未設定-4


いりいろなパーツなどを書いていきます。

名称未設定-6

 これらもケント紙に印刷します。

印刷したものを、カッターで切り出していきます。
窓枠は細いので切り出しに注意が必要ですね。

2016-12-14-11-00-55
2016-12-13-20-18-03

 
同じものをもう一枚印刷して壁面部分を切り離します。

2016-12-13-16-57-05

次に普通紙に5mm幅くらいのラインを印刷し、切り出します。

2016-12-13-16-56-04

切り出した細い紙を壁面パーツを少し重ねるように貼り付けていきます。
これで木板の下見張り外壁の感じを出していきます。

2016-12-13-17-14-13

外壁パーツをアクリル絵具で塗ります。
クリームイエローという色で塗りました。(100円ショップで購入)

2016-12-14-14-22-17

次に屋根を作っていきます。
屋根も煉瓦屋根っぽくするためにケント紙を波型に切り出して屋根部材に
貼り付けていきます。
この波型に切り出すのが結構面倒ですね。

2016-12-13-22-18-13
2016-12-13-22-34-47


屋根もアクリル絵の具で着色していきます。
茶色や焦げ茶色で適当に着色します。

2016-12-14-15-51-08

着色すると、ちょっとのっぺりとしてしまいました。
(せっかく波型に切り出したのに)
立体感を出すために、薄く溶いた黒の絵具をパーツの隙間に流し込み
影となる部分を強調します。

2016-12-14-19-15-12

更に立体感を出すために、クリームイエローの絵具を筆につけて屋根に
擦りつけてドライブラシを行います。
突起部分を明るくすることにより、コントラストを上げて立体感を
出します。

2016-12-15-10-47-03

左がドライブラシをしたもの、右がしていないもの。
波型の屋根が強調されているのがわかりますか?

2016-12-15-12-20-53

躯体となるパーツを組み立てて、その上に壁や屋根の部材を貼り付けて
いきます。ケント紙を3毎重ねにすると結構な強度になります。
窓枠やドアなども別のパーツとして切り出し、着色して本体に貼り付けます。

2016-12-15-11-03-31
2016-12-15-11-03-23
2016-12-15-10-46-50

窓ガラスには「クリヤープラ板」というものを使いました。
これもダイソーで購入しました。

2016-12-15-12-53-25

適当な大きさに切って裏側から貼り付けます。
それと磨りガラス風にするために、トレーシングペーパー(写し紙)を
貼り付けます。
磨りガラス風にすることにより、灯りがボヤけるのと部屋の内側が
見られないようにするという効果があります。

2016-12-15-13-36-57

大体建物が完成しました。
看板部分は建物本体には穴を開けてくり抜いています。
そこに普通紙に印刷した看板を貼り付けています。
これで室内に照明を入れた時に看板にも灯りが点くという予定です。  

2016-12-15-15-53-14





Clip to Evernote
drecom_clif at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)