コーヒー

2017年01月25日

【PUERI】ステンレス製コーヒードリップポット

コーヒーをドリップするためには、お湯のコントロールが重要らしいです。

コーヒー豆の落としたい場所に、必要な量のお湯を落とすことが
大事なことだそうです。

ステンレスケトル(電気ケトル)でも、けっこう注ぎやすいのですが、更に注ぎやすい
ポットが欲しくなりました。

世の中にはドリップポットというものがあって、注ぎ口が細長くなっていて、落としたい
場所に少しずつお湯を注ぐことができるポットがあります。

このドリップポットというものも、いろいろな種類があって、形や材質、値段も様々です。

なんとなく、形とお値段がお手頃であったPUERIステンレス製コーヒードリップポット
というものを購入してみました。

2016-12-31-15-23-00
 
商品が届いて箱を開けてみてびっくりしました。

小さい!

よく確認せずに購入してしまったのですが、ポット部の直径は7cm。
高さも7cm、幅は注ぎ口と持ち手の部分が長いので17.5cmでした。

目盛などはありませんが、容量は200ccくらいでした。

直火にかけても良いのか分かりませんが、持ち手のステンレスなので直火にかけると
持てなくなってしまうと思います。
電気ケトルで沸かしたお湯をこのポットに入れてからドリップしています。

200ccなので普通のコーヒーカップ分を抽出するには丁度いい大きさです。
また、小さいのでお湯が入っても軽くて、コントロールしやすいです。

注ぎ口もかなり細く、適度な長さなのでかなり豆に近づけて細かく注ぐことができます。

私は大きめのマグカップで飲みたいので、200ccではちょっと少ないですね。
途中で電気ケトルからポットに追加すればいいのですが、温度が微妙に変わって
しまうのはあまり宜しくないのかもしれません。

本当に小さいので保管場所もとらないし、けっこうかっこいいので一つ持っていても
いいと思います。


Clip to Evernote
drecom_clif at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月24日

【ハリオ】V60ペーパースタンド

ペーパーフィルターの保管ってちょっと嫌ですよね

大抵のフィルターはビニール袋に大量に入って売ってます。
結構な量が入っているので買い足しするまでには、ちょっと時間が
かかります。
そうすると、ビニール袋が弱ってきて汚らしくなってきます。

そこでペーパースタンドの登場なのです。
ペーパースタンドなんて、100円ショップでも売ってますが扇形フィルター
用ばかりですね。
円錐型フィルター用なんて見たことありません。
時々カッコいいのみ見つかりますが大体樹脂製の安っぽ〜い感じです。

何かないかなと探してみたら、カリタからV60用のペーパースタンド
見つかりました。

 
私が探した範囲では、キントーのペーパースタンドも円錐型でしたが、
カリタのものを購入しました。


2016-12-31-15-23-53


本当はペーパーは袋から出してしまうと部屋の中の臭いを吸ってしまうから
良くないらしいですが、まぁいいでしょう。

このペーパースタンド、磁器製でちょっと重いですね。
有田焼だそうです。 
簡単には倒れないので良さそうです。

ちょっと工夫されていて、容器の底は斜めになっていて、更に段差の
ようなモノがあります。
このおかげでペーパーが斜めになり、取り出しやすくなるんです。

2017-01-18-18-42-10

2017-01-18-18-42-36

 
また、段差(突起?)によって置き方によりサイズ違いのペーパーも一緒に
互い違いに並べることができます。

100円ショップのものからすると、価格は10倍以上しますがこういうところに
拘るのも趣味っぽくていいですね。

ま、そうでなくても使いやすいものです。


Clip to Evernote
drecom_clif at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月23日

【キントー】マグカップ

コーヒーを飲むときは沢山の量をいただきたいんです。

コーヒーの温度って急激に変化していきますよね。
アツアツの状態では味がよくわからない。
冷めてしまった方が、私の場合は味がよく分かる気がするのですが
冷めたコーヒーが美味しいとは決して思わない。
やはり適度な温度が一番美味しいとは思うのですが、その状態は
あっという間に過ぎてゆきます。
小さいカップだと、その瞬間もあっという間なんですよね。
大きなカップだと、その時間はちょっとは長くなる。

なんていうのは言い訳で、単にたくさん飲みたいんですよ。

それとカップの厚み。
薄いカップって口に当たった感覚があまり好きじゃない。
まぁ、薄いと冷めやすいというのもありますね。

なので、喫茶店で使われるような、いわゆるコーヒーカップは
好きじゃないんです。
マグカップが好きなんです。

容量といい、厚みといい。

それと、あのコーヒーカップってヤツはなんか気取っている
感じがするんですよね。
可愛げがない。(そんなこともないですけどね)

良いマグカップをみつけました。



これは、SLOW COFFEE STYLEシリーズのマグカップですね。
サイズは種類あって、250mlと400ml。
カラーも何種類かあります。

私は400mlのグレーネイビーを購入しました。
 
2016-12-31-15-34-12

これがなかなかイイ。
ボテッとしたデザインでなかなか可愛いでしょう。
 
かなり重めですが、カップの厚みがあって口に当たる面も柔らかです。
もしかしたら好みの別れるとこなんでしょうか?
 
2016-12-31-15-34-17

400mlというのは普通のカップの2倍以上ですね。
量と厚みのお陰で冷めるスピードも緩やかです。

まぁ、冷めるのが嫌ならサーモスなんかの二重構造のカップを使えば
いいのですが、そういうもんではないかなぁと。
二重構造カップは大抵ステンレス製ですから、口当たりがどうもね。
 
このマグカップ、日本製でかなり頑丈な感じで落としても割れそうにありません。
お値段もお安めで定価800えん
 
2016-12-31-15-34-38

カッコイイかなと思って、ネイビーとグレーを選びました。
確かにカッコいいのですが、内側も色が着いているので飲み物の色が
わかりません。
ホワイトにしておけば良かったかなかと。
今度250ml用のホワイトも注文しよう。

 


Clip to Evernote
drecom_clif at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月22日

【キーコーヒー】鍵座コーヒーサーバー

先に紹介クリスタルドリッパーを購入した時にセットとなっていたキーコーヒーの
コーヒーサーバーです。
通常販売されているコーヒーサーバーに星座の模様をプリントして限定販売
されたものでした。
どちらかというと、クリスタルドリッパーよりこちらのサーバーが欲しくて
このセットを購入したようなものでした。
この時、キーコーヒーはドリップコーヒーをもっと世に広めようとして
このような入門用セットやドリップの説明なんかをよくやっていました。
セットされていた豆は、『トアルコ・トラジャ』とかいうマメで、なんちゃら
とかいう賞を受賞した豆とのことでしたが、淹れてみるとそれほど新鮮な状態では
なかったですね。
これは大きな販売経路では仕方ないことなのかもしれませんね。

この時に発売されたサーバーのデザインは3種類あって、鍵座というデザインを選びました。
キーコーヒーだから鍵座なんでしょうね。
今となってはブリリアントキーというデザイン良かったな、なんて。

容量は500ml(2〜4人用)、コーヒーが入ると夜空に星座が浮かび上がるというのですが、
それほどでもないようです。
 
2016-12-31-15-31-35

クリスタルドリッパーとはサイズも合わせてあって使いやすいですね。
500mlというサイズも丁度良いです。
 
2016-12-31-15-32-25

持ち手も含めてガラスのみで作られています。
(これはキントーのサーバーと同じですね)
そのため、コーヒーが入ると熱が伝わってくるので注意が必要です。
また、私は手の力も弱く手首の返しもうまくいかないので形状的に
少し使いにくいですね。

でもなかなか可愛らしいサーバーです。


Clip to Evernote
drecom_clif at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月21日

【キーコーヒー】クリスタルドリッパー

家でのコーヒーのペーパードリップに、カリタのカフェ・トールでは
淹れずらいし物足りなくなってきたので何かドリッパーが欲しくなりました。

そんな時にキーコーヒーのクリスタルドリッパーサーバーがセット
で発売された時でした。
なんかあちこちで評判よろしいようですし、見た目にキレイだったので
購入することにしました。
クリスタルドリッパーはポリカーボネート製の円錐型ドリッパーですね。
ドリッパーの内部にはリブではなく、ダイヤモンドカットによって凹凸を
つけることにより、ドリッパーとフィルターに隙間を設けて抽出スピードを
コントロールしているようですね。

素人考えでは、普通のリブよりも隙間面積が大きくなるために抽出スピードは
速くなるような気がするのですがどうなのでしょう。

まともなドリッパーは初めての購入なので良し悪しは正直わかりません。
 
ドリップの方法も今までテキトーだったので、改めて調べてみました。
いろいろとお作法はあるようですが、一番大事だなと思ったことは、
ざっくり言うと投湯はマメの中心部にのみ行うということ。
なんでも、ドリッパーは円錐形をしているため中心部はマメの層が厚い
けれど、外側にいく程マメの層が薄い。
そのため、中心部のマメの層の厚い部分だけを使って抽出しないと薄い
コーヒーになってしまうとのこと。

なるほどね。

今迄は、意味はあまり考えずに「ペーパーにお湯をかけてはいけない」
くらいしか気にしていませんでした。
しかし、お湯はドリッパーの淵いっぱい、こぼれない程度に一気にお湯を
入れてしまっていた気がします。

この点に注意してドリップしてみました。
セットについていたマメは色々と能書きが書かれてあって良い豆だと
謳っていましたが、蒸らしてみるとあまり膨らまず、それほど新鮮な
マメではないようでした。
しかし飲んでみますと。

「アレ?」

全然違う味。
今迄は自分でドリップすると酸味ばっかり強調される薄っぺらいコーヒーに
なってしまったのですが、苦味が感じられる濃いコーヒーになりました。

マメが良いのか、ドリッパーが良いのか、ドリップ方法がマトモになった
のかわかりませんが初めての自分でドリップしたコーヒーが美味しいと感じました。

まだ自分にはドリッパーを評価できるような、ドリップの技術も舌も
持ち合わせていません。

ただ、このクリスタルドリッパーで言えることはとてもキレイです。
ポリカーボネート製なので、持ってみるととても軽くて安物感がある
のですが、遠くから見て触らなければガラス製ではないかと思ってしまいます。

デザインの好みのが分かれるところかもしれませんが、他のメーカーの
プラスチック製(?)のドリッパーよりも明らかに高級感があるように思えます。

この点は大事な事だと思います。
性能は良いけれど、プラスチッキーな見た目の物を身の回りに起きたくない。
でも軽くて使いやすい円錐型ドリッパーが欲しいという人はいいのではないでしょうか。

1年位使っていますが、放っておけば水垢などがついて曇りますが、
よく磨いてあげれば直ぐにピカピカになります。
小さなキズも付きにくいようで、キズによる曇りもありません。

オススメです。


Clip to Evernote
drecom_clif at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)