ジムニー

2011年12月30日

ジムニー廃車しました。

10月に
ミッションが壊れて(4速にしか入らなくなってしまった)しまい、どうしよかと思っていたのですが廃車することにしました。

IMG_1693

1998年7月に中古車で購入してから13年、途中故障という故障もなく、今では考えられない車で手放したくないクルマでしたが、「もういいかな」と思ってきたので。
3年前に、ミッション交換、リーフ・ショックの交換(改造申請)などを行いリフレッシュもしたんですけどね。
初回登録は、1990年なので23歳、オドメーターは1,418Km!、メーターが一周しているので101,448Kmですね。
(引き取りに来た業者さんが走行距離見て一瞬びっくりしていました。)
IMG_1698


このころのクルマの安全基準って、今とは比較にならないくらい緩かったのでしょうか?
4ナンバー貨物とはいえ、後部座席にはシートベルトはなく、幌を外すとボディーは腰あたりまでしかなくとっても解放感のある車でした。
ドアもドライバー一本で外せたし、フロントガラスも前に倒せた。
本当に楽しい車でした。今までありがとうございました。





Clip to Evernote
drecom_clif at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月06日

ステアリングコラムの交換

ステアリングのシャフトとウィンカーレバーのつなぎ目(?)を
カバーしている樹脂。
この材質、よくないのでしょうか?
ボロボロ崩れていってしまうのですよ。
中古で買ったときも鍵の刺し傷だらけだったので一度スプレーで
塗ったことがある。(白くなっているのはこの塗装が剥がれたとこですね)
でも、もう限界。触っただけでボロボロしてくる。
見た目も相当悪い。

oldcolum.jpg

どの車体でも、こうなってしまうようでこの部品がオークションに
よく出てる。(でも、なんであんなに送料が高いのだろう?)
送料が妥当なのを探して落札した。

取り替えるのは簡単そうなんだけど、これがなかなか。
このコラムの構造は上下で分離して、ビスで固定している。
このビスは、下側にいくつかの穴がありこれらを外せば
下側の部分は簡単にはずれる。
ところが、上側は赤いハザードボタンが邪魔してなかなか外れない。
ちょっと調べてみたら、ステアリングシャフトを固定している
トルクスネジをはずれば、シャフトが降りてくるので上側カバーも
簡単に外せるらしい。らしい。
でも、このトルクスネジが固い。
ぜんぜん回らない。
持っているインパクトドライバーにはこの大きさのトルクスビット
はついていないので、手回しのドライバーでまわさなくてはならない。

手が痛い!    あきらめた。

どうしようかと考えた結果、上側カバーの上についているメーターユニットを
外すことに。(本当はイヤだったけど)
メータユニットをはずせば、カバーの脱着は簡単!
でも、メーターユニットを戻すのが....
ユニットを外すと同時にメーターケーブルも外れる。
このケーブルが短い!
ユニットを戻すと丁度ケーブルが刺さるだけの長さしかない。
のため、ケーブルを丁度ケーブル端子(?)の位置にあわせて、押し込む。
そんなこと簡単にできない。
何度かやって、偶然に刺さるのを祈る、祈る。
で、やっと刺さる。

苦労して新しいステアリングコラムを装着。
さすがに、苦労しただけあって新品はいいですね。

newcolum.jpg



Clip to Evernote

2008年08月31日

クイックヒンジ化未遂

ドアストッパーをクイック化したので、ドアヒンジもクイックリリース化!
しようと、ノコギリを買ってきました。
良いか悪いかわかんないけど、強そうなのでステンレス用の歯を買ってきた。

saw.jpg


で、早速ヒンジをゴリゴリと....
結構あっけなく切れちゃった。

hinji.jpg


さ、外すぞ!と思ったけど、この上についてるやつ。
外れないのね。
これは、タガネでガンガンかな?
近所迷惑なのでやめました。
そのうち、外しましょう。


Clip to Evernote

2008年08月30日

ドアオープンストッパーのクイックリリース化

ドアを外そうと、ヒンジのネジをコリコリ外し終わったときに
気づくことありません?

あ、ゴム外すの忘れた!!

ゴムってのは、ドアがこれ以上開きませんように!とドアとボディに
止めてあるドアオープンストッパー(というらしい)です。

せっかくヒンジを外したのに、ゴムでぶら~ん。
慌ててドア閉めたりして。
私はいつもやってしまうんです。
やってしまっても、すぐに外せるようにしたいなと思っていたんです。
どこかで、蝶ネジで止めている人もいましたが、クイックではないですよね。

で、100円ショップでいいもの見つけました。

band_1.jpg

旅行カバン(トランクケース)が開いてしまわないようにするベルトです。
ベルト幅も丁度いいし、100円は魅力です。
これで作ってみました。

このベルト、お好みの色を4本買います。
♀の止め具のついた側を適当な長さに切り、ボディ側にネジ止めします。
band2.jpg

そして、ドア側には当然、♂の止め具のついた側を適当な長さに切り
やはり、ネジ止めします。
こうすれば、止め具でパチリとクイックリリース化ができました。
band3.jpg



これだけじゃ、つまらないので。
もう1セット買ってあるので、これを♂止め具だけにばらします。
これに、カラビナ(これも100円)をつけてやり、適当な長さに調整します。
そして、ドア側の止め具とつなぎ、カラビナはドアキャッチ金具とつなげば
転落防止バンドになります。
band4.jpg

合計600円!
まずますのできです。



Clip to Evernote

2008年08月03日

プラ段内張り

内張りが腐ってきた。

intboard2.jpg


ネットとかでみると、アルミ製だったりウレタン製だったりする
内張りが売っているけど、1万円前後もして高い。
そんなに、強度が必要ないし単なる見栄えだけだからそんなに出費する
気にもなれない。
で、探したらプラ段があった。
これって、プラスチック段ボールの略なんでしょうか?
これは1枚500円程度。
安い!、でも強度はぜんぜんない。
強度がないから、加工もしやすい。
ま、作ってみました。
カッターでざっくりと。
かんたんに作れました。

intboard1.jpg


ま、見栄えだけならかなりいいもんになりました。
取付はベロクロシールで。
おかげで、スキマに軍手やらなんやらの小物入れになりました。

Clip to Evernote